ガラス修理を行う際の注意点とは

窓ガラスは、防犯のためにも、雨風や塵を防ぐためにも、防音のためにも必要なものです。しかしながら、外部と直結している場所だけにボールが飛んできたり、強風で小石などが勢いよく当たったりして割れてしまう危険性だってあるのです。そんなときには早く修理することが必要です。ネットなどで探して業者にお願いするのもいいでしょう。ただ、必要な道具を揃えれば自身で修理することも可能です。とはいえ、割れたりヒビの入ったガラスを扱うのはとても危険なことですからくれぐれも注意してください。不安な場合には自分で行うことはやめておきましょう。多少はお金がかかっても怪我をしないことこそが大事です。業者によっては1時間以内にかけつけてすぐに対応してくれるようなところもあります。

必要な道具一式を揃えてから修理しましょう

寸法をきちんと測る必要があるのでメジャーは必須です。ネジを回すための電動ドライバーや固定するための金具も用意しましょう。これらはすでに家に常備しているという方も多いでしょう。また、ガラスはとてももろく、割れると危険なものです。そのため、ガラス専用の吸盤を用意する必要があります。吸盤で吸い付けた状態で運ぶのです。汚さないためにも直接持つことはやめましょう。割れた部分を切るためのオイルカッターやネジ穴をあけるためのドリル用コアも必要です。これらの道具を揃えた上でようやくガラス修理ができるのです。ホームセンターなどで探せば見つかるでしょうが、わざわざ購入するのは面倒というのなら、一切を業者に任せるようにしてください。道具があればよいだけでなく、技術も必要だからです。

ガラス修理の手順と気をつけること

ネジを外して割れたガラスを外し、その寸法に合わせてオイルカッターで切り落として、ネジをはめ込むための穴をあけた新しいガラスをはめ込むことで修理できるのですが、やはり上手にやるにはある程度の経験は必要となります。それなりに器用で普段からDIYを行なっているという方ならともかく、そうでなければ、わざわざ道具を用意してからうまくいかず業者に依頼するとなると二度手間ですしお金の無駄です。ガラス修理をしなければならないような場面はあまりないので、なかなか慣れることもないでしょう。窓の形状によっても難易度や手順は違ってくるので、よく調べた上でどうするか考えるようにしましょう。とはいえ、割れたりヒビが入ったまま長く放っておくのは危険なので、手早く決める必要はあります。

防犯ガラスや補助鍵なども対応!出張料金と部品代で取り付けできます。 フリーダイヤルにて365日年中無休で受付中!お気軽にお電話ください。 ガラスの緊急隊のスタッフには防犯設備士も在籍しています。 リフォームは、それぞれのお客様のご要望に合わせた窓ガラスをご提案します。 お電話で簡単に見積もりも可能!気になることはどんなことでもご相談ください。 ガラス修理・交換の業界最安値に挑戦中!