ガラス修理の際にチェックしたいこと

家を建てるときに特別に注文していないと、一般的な透明ガラスが用いられることが多くなっています。厚さが薄く割れやすいため、ガラス修理で交換することになったら、また同じものをそのまま入れるよりも、安全性がより高いガラスの導入を検討するべきです。ガラスはとてもいろんな種類があり、メーカーが特殊なガラスを数多く開発しています。それらの性能を理解して、部屋ごとに適切な機能が備わったガラスを導入すれば、より一層家族が快適に暮らしていける家になります。ガラス修理の際にはガラスの質と性能、価格をチェックして、これまでのガラスでは問題だった部分を補えるものを入れましょう。壊れにくい、室温を一定に保てる、騒音を防いでくれるなどのポイントを押さえておくと決めやすいです。

家庭を守る防犯ガラスを選んで交換してもらう

ガラス修理で強化ガラスにすれば防犯性能がアップすると考えがちですが、普通のガラスとそれほど変わりがない強度のもの存在しています。ヒビが入っても穴が開きにくいガラスのほうがより安全性が増して、空き巣などの侵入を防ぐことにも役立ちます。ある程度防犯性能が高いアイテムに対してつけられているCPマークがあるものから選んだり、複層ガラスの中でも、ガラスとガラスの間にフィルムが入っているタイプを選ぶとよいでしょう。フィルムの厚さはとても薄いですが特殊なもので、道具を使って割ろうとしてもヒビは入りますがなかなか穴が開きにくい特徴があります。衝撃を吸収し緩和するためで、空き巣犯が侵入をあきらめる平均的な目安の5分程度は持ちこたえてくれます。ガラスの破片が飛び散りにくいため、子供が誤ってヒビを入れてしまった時でも二次被害を防ぐことができます。

エコにつながる特徴があるガラスを選ぶ

室内は、窓やサッシから伝わってくる外気の温度に左右されがちです。夏に暑く、冬に寒いことを少しでも防ぎたいなら、ガラスの修理時に断熱や遮熱効果が高いガラスを選ぶべきです。ガラスとガラスの間に空気の層があって、直接温度を伝えないタイプもあれば、ガラス自体に特殊なコーティングを行っているものもあります。日差しをある程度反射して内部に温度を伝えにくく、UVカットをしてくれるタイプもあります。断熱や遮熱効果があるガラスを使うと、エアコンをガンガンにしなくても室内が快適な温度のまま維持できますから、節電とエコにつながります。室内と室外の温度差が伝わらないガラスであれば、結露も起きにくくなるので、冬に窓の近くが濡れて困っている場合にも、断熱や遮熱効果があるガラスは適しています。